自社のホームページ、どっちに作って貰う?web制作会社 VS フリーランス

%e5%88%b6%e4%bd%9c%e4%bc%9a%e7%a4%be

どっちに作って貰う?

自社のホームページを作ろうと思うといくつか選択肢があります。

  • ホームページビルダーのようなソフトで自分たちで作る
  • ウェブ担当を雇って制作する
  • web制作会社に頼んで作って貰う
  • フリーランスの方に頼んで作って貰う

どれも一長一短あったりしますが、今回は制作会社 VS フリーランスで迷われている会社さん向けの内容をお伝えします。

web制作会社に頼むメリット・デメリット

【メリット①】クオリティの高さ

webの制作会社に頼むメリットとして一番大きいのはそのクオリティです。

制作会社は常に様々なホームページを作成しているため、最新のデザインや技術などのノウハウを沢山蓄えています。

また、デザイナーはデザインを専門に、コーダーはコーディングを専門にするなど、専門性を高めることでトータルのクオリティを高くまとめることができるのもweb制作会社の強みと言えるでしょう。

いろいろな面でのクオリティの高さを求めるのであればweb制作会社に頼むのが一番です。

【メリット②】制作の速さ

また、組織としてホームページ制作を請け負っている会社は制作のスピードが速いことも特徴です。

分担作業をしながら制作を進めることで比較的短時間で納品することが可能です。

【デメリット①】料金の高さ

料金はフリーランスの方に比べて高い傾向が強いと思います。

フリーランスに頼むメリット・デメリット

【メリット①】料金の安さ

もちろんピンキリですがフリーランスの方に制作を依頼した場合、ホームページの製作費は安い傾向にあると思います。

フリーランスの場合は料金を決めるのは個人なので自分の裁量で決めることができます。

暇なタイミングであれば値引きにも応じて貰いやすいと思います。

【メリット②】一芸に秀でたサイトができる場合がある

「個」の力に頼るデメリットもありますが、一方で良い方に巡り合えればとても良いサイトが出来上がる可能性があります。

マーケティングに特化して売れるサイトを作れる人や、デザインに特化してとてもカッコいいサイトを作れる人など、

秀でた部分が自分たちの求めている物と合致すれば効率的に良い成果を得ることができます。

【デメリット①】一人で全てを担当するためクオリティの維持が難しい

web制作は必要な知識や技術が多岐に渡るため、すべての能力を高く維持することは非常に難しいと言えます。

総合的なクオリティの面ではweb制作会社に軍配が上がるかと思います。

【デメリット②】運営・管理に不安が残る

ホームページは制作した時点で終わりではなく、運用が必要なものになります。

極端な話、フリーランスの方はいつまでその仕事を続けているかわかりません。

サイトの内容を変更したくなった時、既に連絡が付かないと言ったケースも無いとは言えません。

結局どっちに頼めばいいの?

結論としては「大きなサイトを作りたいならweb制作会社、コーポレートサイトくらいならフリーランス」といったところでしょうか。

やはりサイトのクオリティという面では制作会社に軍配が上がりやすいと思っています。

ただし、フリーランスを選択することが妥協案という事ではありません。

作りたいホームページが会社の紹介などのものであればむしろweb制作会社に頼むメリットもそれほど感じません。

むしろ製作費を考えるとフリーランスに軍配が上がるかなと思います。

メリット×デメリットを把握して合った方に制作をお願いすることが「吉」です。

関連記事

写真に素材に困ったらphotoAC!無料で高品質な写真がザックザク♪496円の有...

サーバー

503サーバーエラーを回避せよ!

その写真、ホントに使って大丈夫?著作権侵害してないって言い切れる?

オウンドメディアを運営し始める前に知っておきたい8つのこと

自社のホームページ作成を制作会社に依頼するときのポイントと流れ

wix

制作ツールを活用して自社でホームページ作成する時のポイント