あなたのブログ、文字ばっかりで読みにくいと思われてない?

ライターを生業としている人やブログを書いてきた人ほどハマる文章に関するワナがあります。

それはのうち大量の文字を読むことに慣れてしまい、知らず知らずのうちに皆が長い文章を読めると思い込んでしまうというワナです。

世の中の人はあなたが思っているより長文に慣れていない

文章を書くことに慣れてくると「主語と述語の関係」や「文章の起承転結」、「問題提起と結論」といった文章の構成や文法に意識が囚われがちです。

でもその丁寧に作った文章、みんな最後まで読んでくれているでしょうか?

 

思い出してみてください。学生の頃、国語の教科書読んだりするのって結構メンドウじゃなかったですか?

ずぅーっと情報と文字の海に浸かっている間に文字に対する抵抗感が麻痺しちゃってくるんですよね。あなたが思っている以上に一般の人は文字をたくさん読むことに慣れていません。

意識高い系のエリートサラリーマンでもない限り、数千文字に渡る短編小説の様な文章を読み解く人なんてそうそういません。


こんなこと言いながらこの記事だって3,000文字くらいの文量になっちゃいました…(自戒)

長い文章を読ませる工夫

しかし「大人の事情で情報が削れない」あるいは「必要最低限でまとめたけど長くなる」なんていう場合もあるわけです。


それでも読者には最後まで読んでもらいたい!

そんなワガママな難題と通そうとすると長い文章でも読んでもらえる工夫が必要になってきます。

  • ユーモアを交える
  • 挿絵を入れる
  • 図解やグラフで説明する etc…

などなど…方法は無数にありますが、パッと思い浮かぶのはこのようなことかと思います。

ユーモアを交えて読ませるテクニックは高難度

長い文章を読ませるテクニックのひとつに「ユーモアを交える」というものがあります。情報の合間に冗談や皮肉を挿入したりしてユーザーを飽き刺さない工夫ですね。

ニュース番組は長く観れないけれどバラエティ番組なら数時間観ていられるという人は多いと思います。それはバラエティ番組は視聴者を楽しませる要素が盛り込まれていて飽きないようになっているからです。

しかし、ユーモアを交えたウケる文章を書くことは一朝一夕でできることではありません。

既に読んでくれる人の属性が決まっている媒体が中途半端にユーモアを取り入れると既存ユーザーが離れたり、炎上したりする危険が伴いますのでおすすめしません。


確かに無理してユーモアを混じえた企業ブログが滑り散らかしてる惨状を見かけることがありますね…。

す、滑り散らかすって…。
でもとっても複雑な気持ちになるのは確かです…。

写真やイラストの挿入で読みやすさとわかりやすさを改善する

私が長文を読ませるためにおすすめしたいのは文中に写真やイラストを挿入するという作戦です。

写真やイラストは文中に挿入することによって以下のような効果が期待できます。

  • 文字だけでは理解しにくい部分を補完して理解しやすくする
  • 文章の内容を印象的にして記憶に残りやすくする
  • 一呼吸置く「間」を作ってそれまでの内容を頭の中で整理させる

しかもこの方法の良いところは写真素材さえあれば誰にでも簡単に短時間でできるという点。更に結構適当な写真でも入れてさえおけばそれなりに見栄えしてくれます◎

ただし、インターネット上に転がっている写真を適当に利用すると著作権侵害を犯してしまう可能性が非常に高くなるので、必ず著作権フリーの写真を無料で使わせてくれる「フリー素材サイト」を利用するように注意しましょう。

イメージ:著作権

私のおすすめのフリー(無料)素材サイトは「フォトAC」というサイトです。このページの下の方で紹介していますので詳しくはそちらを読んでみてください。

フォトACを見る

図解やグラフを活用して文量を減らして理解度をアップさせる

わかりやすい文章に必ず必要になるのが図解やグラフです。イラスト付きの図表で見れば一発で分かるものも、文章にすると長々と不必要に長い文章になりがちです。

例えばこの図、文章で説明してみたらどのようになるでしょうか?

ええっと…黒い白抜きの正方形が30度くらい傾いています。その中に赤い丸が描かれていて、右上の角に接しています。赤い丸は正方形の右上に接する場所にあっって…

みたいな面倒くさい説明が必要ですよね。

これは極端な例ですが、目で見れば説明する必要がない情報も文章だけで説明しようとすれば難解になってしまうことがおわかりいただけると思います。これがわかっていれば「この文章は図表でわかりやすく説明できないかな?」という発想が生まれてきます。

この時にネックとなるのが図表やグラフを作成する手間です。文章と違って図表やグラフは慣れていないと作成に時間がかかります。

しかし、下記で紹介する「イラストAC」や「グラフジェネレーター」を活用すれば短時間でわかりやすい図表を作成することができるようになります。是非試してみてください。

無料で使えるフリー素材サイト「フォトAC」で写真を選ぼう

私のおすすめのフリー素材サイトはこちらの「フォトAC」というサイトです。

写真の登録されている写真の数が膨大で、かつ写真のクオリティが半端じゃなく高いのが特徴です。

フォトACを見る

また、フォトACは姉妹サイトとして「イラストAC」といったいくつかのフリー素材サイトも運営しており、無料会員登録が完了すれば全てのサイトのフリー素材を自由にダウンロードして使うことができるようになります。

photo AC illust AC
膨大な数の写真素材がストックされています。無料・有料会員問わず商用フリーで利用できます。写真が必要な時はまずこのサイトで探し始めるのが鉄則です。 キレイ系から可愛い系まで幅広いイラストがダウンロードできます。キャラものや背景、パーツまでなんでもアリの万能フリー素材サイト。

無料で利用できる素材サイトは他にもありますが、フォトACは最低限登録しておきたいくらいの素材サイトです。

フォトACを見る


ちなみに私のアイコンの絵もイラストACからダウンロードしたものですよ♪

無料会員と有料会員の違い

有料会員の制度もありますが基本は無料で問題ないと思います。ひと月に20枚くらいの写真やイラストなどの素材をダウンロードするようなヘビーな利用方法の場合、有料会員になると良いと思います。

無料会員と有料会員は以下のような違いがあります。

無料会員 有料会員
料金 0円 496円/月
ダウンロード制限 10枚/日 無制限
ダウンロード速度 15秒/枚 0秒
プレミアム素材 利用できない 利用可能

頻繁に利用しないのであればあまり差は無いのですが、ダウンロード数が多くなってくると段々と有料会員のメリットが浮き彫りになってきます。

有料会員だと使えそうな素材を手当たり次第にビシバシとダウンロードして、イメージと違ったら差し替えるということが気軽にできます。その為、成果物のクオリティを高めやすいというメリットもあります。

フォトACを見る


ちなみに私は有料会員です。

グラフジェネレーターでサクサクっとグラフ作成

グラフジェネレーターはサクサクっと簡単にグラフを作成できるツールです。

もちろんグラフの作成はエクセルなどの表計算ソフトを使って作ることもできますが…わかりにくい!


エクセルでグラフを作るとX軸とY軸が逆に出てきたりして「あぁぁはぁぁんっ!」ってなるのは私だけでは無いハズ。

グラフジェネレーターならシンプルでわかりやすいこんなグラフ、1分でできちゃいます。

グラフや図表があると文章のわかりやすさは数段アップしますので、上手に活用すれば周囲からの評価アップ間違い無しです◎

グラフジェネレーターを使ってみる

まとめ

無駄に長い文章よりも、イラストや図解を活用したわかりやすい文章の方が好まれるのは説明するまでもない事実だと思います。

しかし文章を書くことが好きな人は「長い文章が書ける=文章が上手」と思いがちです。実際には文章が長くなってしまうのは上手くまとめることが苦手なだけである可能性もあります。

文章を書くことに得意意識を持っている人ほど一度見直しをしてみてはいかがでしょうか?更なるスキルアップが期待できるかもしれません♪

関連記事

オウンドメディアを運営し始める前に知っておきたい8つのこと

なんで皆Googleの動向を気にするの??

都道府県別おすすめホームページ制作会社~東日本編~

音声入力を使ったブログ記事作成が便利!

写真に素材に困ったらphotoAC!無料で高品質な写真がザックザク♪496円の有...

効果的なホームページの「企画→制作→運用まで」