wordpressのプラグイン「WP User Frontend」を使って、ユーザーが記事を投稿できるようにする方法

私は趣味でご当地情報をまとめたサイトを運営しています。

参考:倉敷タウン情報館

このサイトの訪問ユーザーから情報を寄稿して貰えたら便利だなーと思っておりました。
探してみたところwordpressのサイトなら「WP User Frontend」というプラグインを使えばどうにかなりそうということが分かりました。
使い方を含めレビューしたいと思います。

この記事はWordpressに少し慣れている人向けの記事です。
FTPが使えて、固定ページの概念やプラグインがどういうものかわかっているくらいでないと少し難しいかもしれません。ご了承ください。

 

WP User Frontendはフォームから記事を投稿できるプラグイン

WP User Frontendを使うとお問い合わせフォームのような形式のフォームを入力・送信することで記事を投稿することが出来るようになります
私のサイトで言うと下記のようなページを作ることができます。

タウン情報を投稿する-倉敷タウン情報館

wp-user-frontend

このページから一般ユーザーが投稿を行うとwordpressの管理画面の投稿一覧に記事が「レビュー待ち」として追加されます
追加された記事は管理者が確認して公開とすることで、通常の記事と同じように公開が完了します。

設定によっては管理者が確認せずに、ユーザーの投稿完了とともに本番環境への公開とすることも可能です。

 

プラグインのインストールと日本語化

まずはプラグインをインストールしましょう。
インストール方法が分からない方は下記を参考にしてください。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3

インストールが完了したら次はWP User Frontendを日本語化します。
日本語化のパッチは下記サイト(Knowledge Base)様で配布されておりますので使わせていただきましょう。

Knowledge Base-「WP User Frontend」プラグインの日本語化ファイルダウンロードページ

ダウンロードできたらサイトに書いてある通り下記へファイルをアップしましょう。

アップロード先は
「Wordpressのインストールフォルダ」→「languages」→「Plugins」の中
です。「○○-ja.po」と「○○-ja.mo」のファイルをアップロードしてください。

うし!これで日本語化されてずいぶん分かり易くなりました!
(取引とか投稿課金とかいう項目も出てきましたが、このあたりは有料版の機能なので今回はスルーします。)

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e5%8c%96

日本語化されたのであとは慣れている人なら探り探りでも設定することが可能かと思います。
以下はまだもう少し詳しく設定方法を知りたい方向けに説明します。

 

入力フォームを作る

フォームの設定は3手順に分けて説明します。

  1. フォームの基本設定
  2. 固定ページの作成
  3. 固定ページへのリンク

フォームの基本設定

まずは項目を設定をします。

%e9%a0%85%e7%9b%ae%e3%81%ae%e8%bf%bd%e5%8a%a0

管理画面右側のボタンをクリックすると項目を追加することができます。
フォームに必要な項目を追加してベースを作りましょう。

%e6%8a%95%e7%a8%bf%e8%a8%ad%e5%ae%9a

ベースができたら今度は投稿設定を変更します。
今回は「投稿の状態」を「レビュー待ち」に変更します。
ここが「公開済み」になっていると、ユーザーが送信すると同時に公開になってしまいます。

%e3%83%aa%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%e8%a8%ad%e5%ae%9a

そしてこちらの2か所も設定してください。

「訪問者の投稿」の「訪問者の投稿を許可する」にチェックを入れる
これをしないと投稿できるようになりません。

「リダイレクト先」を「指定ページへ」にして、「ページ」を「完了」ページにする。
これをしておかないと、投稿完了した時に完了ページに移動しません。

%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

ここまで完了したら画面右上の「ショートコード」をコピーしておいてください。後ほど使います。

固定ページの作成

プラグインをインストールすると下記のような固定ページが自動で作成されます。

%e5%9b%ba%e5%ae%9a%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8

このなかで今回使用するのは「編集」と「完了」の2ページです。
(使用方法によって使用するページが変わってきます。)

%e7%b7%a8%e9%9b%86

まずは「編集」ページを作ります。
ページのタイトルと本文は適宜自由に変更しましょう。
私は上記のような感じで書いてみました。

そして先に作成したフォームを表示させたいところにあらかじめコピーしておいたショートコードをペタッと貼り付けます。これで保存。

「完了」ページも同様に内容を作成しましょう。

リンクの設定

最後に訪問ユーザーが投稿ページにアクセスできるようにメニューバーにリンクを追加しましょう。

%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc

「外観」の「メニュー」の管理からフォームのページを選択してメニューに追加します。

これでページへのリンクができました。

以上で設定完了です。

WP User Frontendを使ってみての所感

まだ試してみただけなのでなんとも言えないのですが、私のようにプログラムを理解していない人間でもどうにかこうにか設定することが出来ましたので、そこそこ詳しい人にとってはとっても便利なプラグインだと感じました。

問題はプラグインの設定よりも、実際に訪問ユーザーが記事を投稿する流れを作れるかどうかだと思います。
ここはある程度知名度があるサイトだったり、投稿することでユーザーにメリットがない限りは難しいなと感じました。

上手くいけばユーザーが自らコンテンツを増やしマーケティングをしてくれる夢のような機能なだけに、使いこなせば百人力のツールです。
今後活かせる場面があったら積極的に使っていきたいですね◎

今回反映させたご当地サイトは…当分の間は投稿ゼロでしょうね(汗

関連記事

オウンドメディアを運営し始める前に知っておきたい8つのこと

自動で日付を更新するphpを記述する

音声入力を使ったブログ記事作成が便利!