ウェブ広告を使って効率的な集客を!

ウェブ広告とは

会社の広告費を何に掛けるのかというのは重要な問題です。
なるべく対費用効果の高いものを選んで少ない費用で最大限の効果を上げたいと思うのが人情でしょう。
ウェブ広告はその面(対費用効果の面)で非常に優れた効果を発揮することができる広告と言えます。

ウェブ広告は下記のような場所に表示される広告です。

広告エリア

検索結果…ほどんど広告ですね…。
上記の例は「ダイエット」というキーワードが人気キーワードであるため、たくさん広告が表示されこのような結果になっています。
でも実際この辺が広告だって気づかずに使ってる人って結構いるんですよね。

ウェブ広告を使うとなるとYahoo!やGoogleなどにお金を払って広告を掲載して貰うことになります。
上記の画像のように、広告費を払って表示されるリンクは検索結果より上に表示されるため、多くのユーザーの目に止まることになります。

 

ウェブ広告とSEOとの違い

ウェブ広告とSEO、どちらもサイトに人を集客するための手段ですが、それぞれ特徴がありメリット・デメリットがあります。

ウェブ広告による集客の特徴

ウェブ広告による集客の特徴には下記の様なことが挙げられます。

  • すぐに表示することができるので、即効性がある
  • 広告費が掛かり続ける
  • 検索結果より上部に表示される
  • 地域や属性を絞って、特定の人にだけ見せることができる
  • 効果を計測することができる
  • 計測した結果から広告を改善することができる

ウェブ広告は費用を払えばすぐに掲載することができるので、予算さえあれば希望のサイトへアクセスを集めることができます。
ただし、広告を掲載している間は費用が掛かり続けるので、中小零細企業であれば広告費以上の利益が出ていないと継続的な利用は難しいかもしれません。
閑散期に仕事を切らさない為に集客したり、新商品のキャンペーンを打つときに世間に認知させるためにしようしたりといった戦略的な利用が効果的です。

またウェブ広告は「計測した結果から広告を改善することができる」という特徴は折り込みチラシやテレビCMにはない、強力なメリットのある特徴です。
例えばウェブの広告は「広告の表示回数」「広告からのアクセスの回数」「サイトからの注文件数」などを計測することができます。
この測定結果を元に広告文を変更したり、ホームページの内容やデザインを変更したりして、同じ広告費を払ってもより効果の高い広告へと昇華させて行くことが可能です。

SEOによる集客の特徴

SEO(検索エンジン最適化)による集客の特徴には下記の様なことが挙げられます。

  • 軌道に乗れば継続的なアクセスの流入が期待できる
  • 検索結果の上位に表示されるまでに時間が掛かる
  • 検索結果の上位に表示させるのに手間が掛かる
  • 検索結果の上位に表示されるようになる保証は無い

SEOによる集客のメリットはなんといっても一度軌道に乗ってしまえばホームページへの継続的なアクセスが期待できるという点です。
検索結果で上位表示されるようになるとそれ以降お金を掛けずに大量のアクセスを集めることが可能になります。
ただし、検索結果で上位表示されるようになるためにはホームページの掲載内容を充実させる必要があります。
一般的にはホームページにブログ(wordpress)を併設して、自分たちでコンテンツを充実させていくことになります。
コンテンツの作成には時間が掛かりますし、コンテンツを作る人の人件費もかかります。
時間が掛かって人件費も掛かる割には、意図した通りに検索結果の順位に反映されず、見返りを得ることができなかったりすることがあります。
検索結果の順位はGoogleが勝手に決めるものですので、制作する側で対策が打ちにくく、不安定さがあるのが実情です。

Yahoo!プロモーション広告とは?

メジャーなウェブ広告のひとつに「Yahoo!プロモーション広告
」というものがあります。
その名の通りYahoo!が運営するサービスでYahoo!で検索した際に検索結果の画面で表示される広告を出稿したりすることができます。
この記事の冒頭の画像はまさにYahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ広告」というものです。

広告は見せたいターゲットに合わせて表示させることが可能です。
例えば東京のパン屋さんの広告が大阪で表示されても広告の効果が期待できないことは容易に想像ができます。
ですので、「広告を表示する地域」や「どんなキーワードで検索された時に広告を表示させるか」や「広告を表示させる時間帯」など、様々な条件を指定して効率の良い運用を行うことが可能です。

ちなみにスポンサード広告はクリック課金型の広告です。
広告が表示されるだけでは料金は発生しません。
広告がクリックされると数十円~数百円の料金がかかります。
この料金はキーワードによって異なり、人気の高いキーワード程1クリックあたりの単価が高くなります。



GoogleではなくYahoo!を使う理由

Googleにも同様の広告のシステムがありますが、初めて広告出稿を行う方にはYahoo!の広告出稿をおすすめします。
Yahoo!は日本法人のサポートが充実しており、不明な部分があればサポートセンターに電話して細かな設定方法やアドバイスを受けることができます。
広告運用が初めてだったり、慣れていない方はYahoo!プロモーション広告を利用したほうが広告の公開までスムーズに運ぶことができると思います。

私も先日わからない部分が出てきてサポートに電話したところひとつひとつ丁寧に教え貰うことができました。
この辺りはさすがYahoo!といったところでしょうか。

逆に既にGoogleでの運用を行っていて、慣れている場合にはワザワザYahoo!に乗り換えるメリットは無いかもしれませんね。

使用方法やサポート状況について

使用方法については公式サイトががっつりサポートしてくれています。

Yahoo!プロモーション広告 ラーニングポータル

見ていただくとわかると思いますが、基本的な操作方法だけでなく効率的な運用方法なども詳しく書かれていてとても参考になります。
また電話での専用窓口も準備されていて、問い合わせがしやすい環境を整えてくれている部分もありがたいですね。

おすすめの広告予算

広告に掛けられる予算については各企業のフトコロ事情によって大きく異なることでしょう。
おすすめの利用方法は初めは少額の予算でお試しをしてみる方法です。
慣れないうちは間違って予算を沢山消化してしまったり、地域を絞るのを忘れて無駄な広告費を掛けてしまうことがあります。

ひと月1~5万円程度の少額予算で初めてみて、3~4か月運用方法をブラッシュアップします。
ブラッシュアップができたと思う段階で広告の対費用効果を確認し、出稿を続けるかどうかの判断してみるのが良いと思います。
現在別の広告を使っているという会社であればその費用の一部をweb広告で運用してみるのもひとつの戦略ですね。

とにかくウェブ広告は一度経験しておかないといきなり「キャンペーンをするから広告出稿を!」となっても効率の良い広告出稿ができない可能性が高くなります。

ウェブ広告についてのまとめ

実際に運用してみるとお気づきになると思いますが、ウェブ広告の出稿は奥が深いです。
効果が数字となって現れるだけに、改善が必要なことが分かってもどう直せば良いかが分からなかったりすることもあると思います。
そんな時はプロに運用やアドバイスをお願いしてみるのも一つの手だと思います。
ウェブ広告は奥が深いので制作会社や広告代理店には専門の人がいることがあります。
そういった効率的なウェブ広告の出稿方法を知っている人に運用を任せることで、ウェブ広告についての学習コストや非効率な運用によるコストを削減することが可能です。
もちろん、運用のための手数料はかかりますのでどちらが良いとは一概にはいえませんが。

いずれにせよウェブ広告はテレビCMや折り込みチラシに比べて効率の良い広告と言われています。
運用は難しいですが、上手く利用すればビジネスに良い効果を与えることが可能です。
「難しそうだから…」と食わず嫌いせず、一度お試しすることをお勧めします。



関連記事

あなたのブログ、文字ばっかりで読みにくいと思われてない?

都道府県別おすすめホームページ制作会社~東日本編~

音声入力を使ったブログ記事作成が便利!

webの勉強会「CSSナイト高松」に参加してきましたよ~!

駆け出し事業主にオススメしたいオフィス仕事が捗る3種の神器+α

ブログのネタに困ったらYahoo!知恵袋で悩みを検索してみよう