自分でサイトを作るならGRC(検索結果順位計測ツール)でサイトの掲載順位を把握して改善に生かそう!

自社のサイト何番目に表示されている?

ホームページを作るとすぐにいろんな人が見にきてくれてお客さんもたくさん増えてウハウハなんて考えている方って結構いらっしゃいます。

残念ながらホームページは実際の店舗と同じように運営していって、魅力を高めていかなければ人目につくことはありません。

むしろホームページが完成した時点というのはお店が完成した時点と似ていて、これから沢山手を加えていかなくてはならない部分があるものです。

 

ところでホームページを作成した当初には「こんなキーワードで検索した時に自社のホームページが出てきて欲しい!」といった要望はなかったでしょうか?

この狙ったキーワードで検索された際に上位表示されるよう施策することを「SEO対策(検索エンジン最適化)」といいます。

この当初考えていたキーワードで検索したら今何番目に自社のサイトが出てくるかすぐわかりますか?

サーチコンソールに登録していたり、アナリティクスを設置したりしていても、細かく見ていない企業さんでは把握されていないのではないかと思います。

 

サイトの改善はまず自社サイトの現状を知ることから

先に述べたように、ホームページは公開してからも手を加えて成長させていく必要があります。

そんな時自分のサイトがどのような検索キーワードで上位に表示されるのかを把握していると、どんなキーワードを織り交ぜたコンテンツ(掲載内容)を作れば良いのかのヒントになることがあります。

例えば「岡山 工務店」のキーワードで10位以内に入ることが難しかった場合に「岡山 工務店 ツーバイフォー」で検索上位へ表示させることを狙って、ツーバイフォーについてのブログを書くことが有効であるということが分かったりします。

このように、自分のサイトがどんなキーワードでどのくらいの順位で表示されるのかを知ることはサイト改善の手助けになります。

 

検索順位チェックツール「GRC」で一括管理

私も使っている検索順位のチェックツールに「検索順位チェックツールGRC
」というものがあります。

これが優れものでサイトにいくつものキーワードを設定するのですが、設定するとそのキーワードで検索された場合の検索順位を毎日取得してくれます。

例えば先ほどの「岡山 工務店」や「岡山 工務店 ツーバイフォー」などのキーワードを設定しておくと「今日は〇位!」という感じで順位が分かるようになります。

更に毎日継続して計測しますので、サイトに手を加えたことがどのように検索順位に影響を与えているのかを知ることができます。(掲載順位は他の要素でも上下するのでそれが要因とも言い切れませんが)

 

このようにGRCを使って検索順位を知ることは、自社サイトの改善ポイントを見つけるきっかけになるのです。



関連記事

webの勉強会「CSSナイト高松」に参加してきましたよ~!

都道府県別おすすめホームページ制作会社~東日本編~

どうする!?SEO業者から営業の電話が掛かってきた!

ハードディスクのCドライブを圧迫していた謎のデータを削除!

商品の特徴に合わせてSNSを使い分けて効果的なPRを!

なんで皆Googleの動向を気にするの??