webの勉強会「CSSナイト高松」に参加してきましたよ~!

img_1292

高松で開催されましたwebのセミナー「CSSナイト高松」に参加してきました♪

http://cssnite.webridge-kagawa.com/vol8/

岡山ではよく岡webというセミナーに参加するのですが、今回は初めてCSSナイトへの参加となりました。

CSSナイトは日本全国神出鬼没で行われるwebのセミナーなのですが、地方ではそんなに開催されないレアなイベントなのです。

レアなだけあって登壇される方々は超豪華でした!

グーグルの中の方とか、ツイッターの中の方とか、SEOで有名な方とかetc・・・

しかも皆さんお話が上手ですごーーーーっく内容が分かりやすかったです。

 

検索とWeb広告のトレンド

今回のテーマは「検索とWeb広告のトレンド」ということで、まーザックリいいますと、

「SEOで頑張る部分と、割り切って広告を使う部分と、きちんと棲み分けをして効率よくwebを活用しましょうね。」

というお話でした。

(あんまり詳しくは書けなくてゴメンナサイ。。)

今までSEOで成果を上げてきた方々の話を聞いて私が得た結論は、

「グーグルのアルゴリズムは賢くなったので技術で検索順位を上げようとするのは効率が悪い」

ということです。

 

大事なことはSEOと広告の使い分け

つまりはこういうこと。

①恐らく被リンクや内部構造などをガリガリとチューンナップするやりかたの効果はゼロではない。

②でも、そこまでしても対費用効果は大きくない。

③それなら真面目に検索ユーザーの求める答えとなるコンテンツを作ったほうが効率が良い。

④でもその答えとなるコンテンツは売り上げには貢献しない。

⑤なら広告を打ったほうがよっぽど効率がいい。

 

ということで、原点回帰ですね。

中途半端にwebマーケティングをカジった人間ですと「SEOはタダ」という間違った認識を持ってしまいがちです。

でも実はコンテンツSEOもコンテンツを作るコストというものが発生しています。

今までコンテンツを作ってアクセスを集めてきた企業さんは、一度本来の広告に戻ってみるのも面白いのではないかと思います。

最近のウェブ広告は優れていますので、商品を求めていそうなユーザーに広告を配信することができます。

案外コンテンツを作っている人件費を広告費に充ててみたらあっさり売り上げがあがるかもしれません。

一度試してみる価値はありそうですね。

私も近いうちに広告を打ってみます♪

関連記事

自社のホームページ、どっちに作って貰う?web制作会社 VS フリーランス

自社のホームページ作成を制作会社に依頼するときのポイントと流れ

小規模企業(20人以下)がホームページ担当を雇ってはいけない5つの理由

もし私がweb屋でないとしたら、ホームページ製作をお願いしたい会社5選!

マーケティングとブランディングの違い

効果的なホームページの「企画→制作→運用まで」